>トピックス>結婚内祝いはしないといけないの?マナーを守ってきちんと贈ろう

結婚内祝いはしないといけないの?マナーを守ってきちんと贈ろう

ギフト

結婚内祝いとは、結婚をしたことによって、そのご祝儀を頂いたことにより、ご祝儀を頂いたお礼として贈るものになります。ですから、きちんと礼儀として贈らなくてはいけません。結婚式を挙げた後に贈ることになりますが、礼儀としてそれほど遅くなってはいけません。きちんと早めに贈るようにしましょう。結婚したということは、一人前の夫婦になるわけです。ですから、結婚内祝いをきちんと贈ることが大人の対応としてふさわしいでしょう。それでは、結婚内祝いではどんなものを贈るのが良いかというと、やはり受け取る側の方のことを考えて、好まれるようなものを贈ることになります。そうはいっても、誰が何を好んでいるのかなんて、本人に聞いてみないとわからないです。そんな時に利用する価値が高いのがカタログギフトになります。

結婚内祝いを贈ることは当然ですが、マナーもきちんと守ったうえで贈ってあげましょう。そのマナーとして最も大切になってくるのが贈るタイミングになります。結婚式を挙げた後、ハネムーンで海外等に出かける夫婦は多いです。そして帰ってきてからも、新居のことやいろいろな手続きもありますので、結構忙しい日々が続きます。しかし、結婚内祝いを後回しにしてしまうと、常識のない夫婦と言われてしまう可能性がないとは言えません。ですから、忙しい状況であってもきちんと早めに贈るようにしましょう。また、だいたいどれくらいの金額のものが良いのかわからない人も多いですが、結婚式のご祝儀の3分の1程度の金額のものを贈ってあげるのが一般的です。

内祝い